1. 赤ちゃんを持つママや妊婦さんが知っておくべき後悔しないための賢いウォーターサーバーの選び方TOP
  2. 「赤ちゃんや妊婦さんでも安心で、しかも健康的な水が飲めるウォーターサーバー」を選ぶ為の6つの条件
  3. 条件1 安心、安全、清潔であること

「赤ちゃんや妊婦さんでも安心で、しかも健康的な水が飲めるウォーターサーバー」を選ぶ為の6つの条件

条件1 安心、安全、清潔であること

「赤ちゃんや妊婦さんでも安心で、しかも健康的な水が飲めるウォーターサーバー」を選ぶ為の条件1

安心、安全、清潔と言っても、いろんな条件があると思いますが、私が特に重要に考えているのは、次の二つの条件です。

  • 1. 有害物質を含まない水であること
  • 2. ワンウェイ方式のウォーターサーバーであること

1. 有害物質を含まない水であること

あたり前ですが、宅配される水が、きちんとした工程を経て、有害物質が取り除かれているものかを確認する必要があります。

これは、どの会社もしっかりしていますので、あまり気にする必要はないかもしれません。ただし、放射性物質の検査が実施されているかどうかの確認は重要です。

しっかり検査している会社は、毎月の検査結果(正式な検査機関で発行された検査結果表)をホームページに公開していますが、何も公開していない会社もあります。

「検査していますよ」と口頭で言われても、やっぱり証明するものがないと、本当に検査しているかどうかは分かりません。これでは不安になってしまいますよね・・・

ですから、きちんと検査結果を公開している会社がベストだと思います。

2. ワンウェイ方式のウォーターサーバーであること

ワンウェイ方式のウォーターサーバー「フレシャス」

※写真は、ワンウェイ方式の「フレシャス」です。ポリエチレン素材のウォーターパックを本体にセットする方式のウォーターサーバーです。

ツーウェイ方式(リターナブル方式)は、重いガロンボトルを本体にセットする方式ですが、この方式のウォーターサーバーは、水を出すたびにボコボコとガロンボトルに空気が入るのはご存知でしょうか?

空気の中には、目に見えないホコリや雑菌があるのですが、この雑菌が水を出すたびにサーバー内に入ってしまうことが、ツーウェイ方式(リターナブル方式)のウォーターサーバーでは指摘されています。

このような雑菌は、サーバー内で繁殖してしまうことがあるため、ガロンボトルを使用するウォーターサーバーは、定期的にサーバーを回収して大がかりなメンテナンス(除菌洗浄など)を行う必要があります。ちなみに多くの会社は、このメンテナンス料金をお客さん負担にしているんですね・・・

ツーウェイ方式(リターナブル方式)のウォーターサーバーと、ワンウェイ方式のウォーターサーバー「フレシャス」

※図(左)は、ツーウェイ方式(リターナブル方式)のウォーターサーバーの例です。水を出す時に雑菌が混入してしまいます。図(右)は、ワンウェイ方式の「フレシャス」です。水を出す時に空気が入らない仕組みになっているため、サーバー内はいつも清潔に保たれています。

また、ツーウェイ方式(リターナブル方式)のガロンボトルは繰り返し使えるため、エコとしては非常に有用なのですが、ガロンボトルに使用されている「ポリカーボネート」素材が、現在、安全性において問題視されています。

ポリカーボネート素材のガロンボトルは、ボトルの高温殺菌洗浄を行う際に、「ビスフェノールA」という、胎児の神経や、行動に影響を与える恐れのある物質が溶け出している可能性が高いことが指摘されているからです。

そのため、米国やカナダなどでは、使用を禁止しているところもあり、日本国内でも厚生労働省が、乳幼児に対してポリカーボネート素材を採用した製品を使用しないよう注意を呼びかけているそうです。これはちょっと怖いですよね・・・ちょっとというか、かなりですね・・・

※こちらが実際の厚生労働省の発表になります。興味のある方はご覧になってみてください。

これに対して、ワンウェイ方式は、環境にもやさしいポリエチレン素材のウォーターパックや、PET樹脂素材の柔らかいボトルを使用していますので、このようのな心配はありません。

「フレシャス」のウォーターパックと「クリティア」のPET樹脂素材のボトル

※写真(左)は、「フレシャス」のポリエチレン素材のウォーターパックです。写真(右)は、「クリティア」のPET樹脂素材のボトルです。

このウォーターパックやPET樹脂素材のボトルは、水を出すたびにつぶれていき、空気が入らない仕組みになっています。そのため、空気中の雑菌が混入することはなく、サーバー内はいつも清潔に保たれるそうです。

ですから、ガロンボトルを使用するウォーターサーバーのように、大がかりなメンテナンス(除菌洗浄など)をする必要がありません。当然、メンテナンス料金は無料になります。※ご自宅でのセルフメンテナンスは必要ですが、ものすごく簡単な作業で済みます。

また、ワンウェイ方式の水の容器は、使用後はペッチャンコになりますので、そのまま資源ごみとして捨てることができます。ですから、ガロンボトルのウォーターサーバーのように、空きボトルを業者が回収しに来るまで保管しておく必要もありません。

コンパクトになった「フレシャス」のウォーターパックと「クリティア」のPET樹脂素材のボトル

※写真(左)は、「フレシャス」のウォーターパックです。使用済みのウォーターパックは小さく折りたたむこともできます。写真(右)は、「クリティア」のPET樹脂素材のボトルです。使用後は写真のようにつぶれてコンパクトになります。

私の家は、娘が生まれてからなぜか部屋に物があふれていて、とてもじゃないですが、ガロンボトルを置いておくスペースなどありません。ですから、これはすごく助かります。(もう少し大きな家に住めれば問題ないのですが・・・)

この条件に合うウォーターサーバーを確認する

6つの条件に合うおすすめのウォーターサーバーは、こちらのページでまとめています。